ぷち★お小遣い稼ぎサイト

Sleipnir4タグのついた記事一覧

 
 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】

【Sleipnir4】管理人のポイントサイトでの作業の進め方


Edit Category お小遣い稼ぎの準備 > 管理人用覚書 Tagged  Sleipnir4 
管理人がお小遣い稼ぎのメインブラウザとして使っているSleipnir4(スレイプニル)での立ち回り方や設定などを簡単にご紹介します。
お小遣い稼ぎ初心者の方の参考になればいいのですが。

すべてをグループで開く


管理人は、ブラウザのブックマークは
・1日2回訪問するサイト
・1日1回だけ訪問するサイト
などでフォルダ分けをしています。

Sleipnir4では、ブックマークのフォルダを右クリックして「すべてをグループで開く」で、フォルダ内にブックマークした全てのサイトを新しいグループで一括で開くことができます。

ショートカットキーで作業の時短


新しいグループでサイトを一括で開いたら、とりあえず全てのタブを保護します。
できるだけ短い時間で作業を終わらせる為に、間違ってタブを閉じるミスを避けるためです。
ちなみに管理人は、複数サイトの全てのコンテンツ(バナークリックや検索、ゲームなど)を同時進行で行っています。
バナークリックなどでタブの数が増えた時も、保護してあるタブは閉じないので、複数タブを一度に閉じることができます。

Sleipnirのショートカットキー
作業の時短に欠かせないのがショートカットキーです。
その中でも、毎日必ず使っているショートカットキーがいくつかあります。

・表示しているページを最新に更新する F5
・左側のタブを表示する Ctrl+Shift+Tab or F2
・右側のタブを表示する Ctrl+Tab or F3
・選択しているタブを閉じる Ctrl+W or Ctrl+F4
・選択しているタブを除きすべて閉じる Ctrl+Q
・選択しているタブを保護する Alt+Z

【参照】Sleipnir キーボードショートカット

※青文字が実際に使っているショートカットキーです。

基本的にショートカットキーは組み合わせが2個まで(Ctrl+Wなど)のものしか使いません。
また、組み合わせが2個でも、片手で同時に押せないものや押しにくいものは使っていません。

3番目の「右側のタブを表示する」はメインで使っているのはF3キーで、時と場合によってCtrl+TabとF3を使い分けています。

「タブの保護」のショートカットキーは変更
上に書いたショートカットキーの中で、最後の「選択しているタブを保護する Alt+Z」だけは使っていません。
このショートカットキーだけは、
・ツール>カスタマイズ>キーボード>ショートカットキーの設定
で設定を「F1」キーに変更しています。

F1キーの設定
※「NavigationLock」に「F1」を割り当てています。

「サイトを一括で開いたら、とりあえず全てのタブを保護している」と書きましたが、F1キーでタブを保護することで、この作業がとても簡単になります。
サイトを一括で開いたら、F1キー(タブを保護)とF3キー(右側のタブを表示)を最後のタブまで交互に押していきます。


タブを全部保護し終わったら、F2またはF3キーでタブをどんどん移動しながら作業を進めていきます。
ボタンをクリックするなどした後にページが移動したり更新されるような場合は、ページが全て読み込まれるを待ったりはせずに次のタブに即移動します。
一回りして次にそのタブに戻ってきた時に、作業の続きを行っています。


作業が終了したページはF1キーで保護を解除し、他の不要なタブ(バナークリックなどで開いたタブ)と一緒に閉じていきます。
全てのタブが閉じたら作業終了です。

※複数のバナークリックがあるサイトでは、前記事のSleipnir4でリンクを一括で開くに書いた方法でリンクを一括で開いて時短しています。

ズームを変更する


Sleipnirではサイト毎にズームを変更することができ、Sleipnirを閉じてもサイト毎の倍率が維持されます。

毎日アクセスするページで、ほんの僅かページに収まりきらなくて毎回ページを下方向に少しだけスクロールする必要があるような場合は、ページを縮小しておくとスクロールの手間が省けて便利です。

Flashを使うゲームには適応されなかったり、ページによっては表示が崩れたりする場合があるので、色々試してそのサイトに一番合った表示倍率を探しましょう。

ズームはツールバーの
・表示>ズーム
で指定できます。

複数サイトを同時進行させる利点は?


タブ移動で複数サイトの複数のコンテンツを同時進行すると、ページの読み込みなどの待ち時間がなくなるので時間短縮に繋がります。
これが同時進行の一番の利点なのでしょうが、管理人個人が感じる利点はむしろ他にあります。

検索の経過時間対策
検索するとポイントがもらえるポイントサイトが複数ありますが、「○分毎に○回の検索」というのは正直言って面倒です。
複数サイトを同時進行させると、他の作業をしている間に自然に時間が経過します。
管理人は作業を同時進行させるようになって、検索にきちんと参加するようになりました。(以前は最初の1回だけしか参加していなかった)
僅かですが1日の獲得ポイントアップに繋がります。

飽きずに続けられる
手間暇が掛かるコンテンツは、嫌になって止めてしまいたくなります。
最近だと「ポイント畑」があるポイントサイトがかなり増えてしまいました。
ひとつのサイトで「eLove~えらぶ」から種の収穫まで一気にやってしまうと、最初の数サイトでイヤになってしまいます。
管理人は極端な話、「eLove~えらぶ」で道を選んだら次のタブに移動、ひとまわりして再びこのタブに戻ってきたら次の道を選びタブ移動…という風にしています。
一つのコンテンツに長時間掛かるという印象が薄れるためか、最後まで一気に終わらせる時に比べると、面倒臭さがかなり減る気がします。
もちろん、ポイント畑も複数のサイトのポイント畑を同時進行しています。
関連記事
スポンサーサイト

【PR】

【Sleipnir4】「リンクを一括で開く」方法


Edit Category お小遣い稼ぎの準備 > 管理人用覚書 Tagged  Sleipnir4 
「リンクを一括で開く」のはお小遣い稼ぎには必須の機能ですが、ブラウザによって機能拡張を使うなど方法は様々。

Sleipnir4でリンクを一括で開く


現在管理人はお小遣い稼ぎにはSleipnir4をメインに使っています。
Sleipnir4でリンクを一括で開くのに、管理人が実際に使っている方法は3種類。

範囲選択してCtrl+G
Sleipnir4に標準で備わっている機能。
範囲選択をしたまま「Ctrl+G」を押すと、範囲内のリンクが一度に開きます。

便利に使える機能ですが、管理人が利用している特定のサイトのメールで、複数開いたリンクのうち1~2個が必ずエラーになることがあり、精度は十分とは言えない気がします。
自分が使っているサイトで不具合がなければ、これ(範囲選択 Ctrl+G)だけ使えばいいと思います。


Chrome拡張機能
SleipnirではGoogle Chromeのアドオンを使うことができます。
リンクを一括で開けるアドオンはいくつかありますが、管理人が試したのは次の二つ。
・Snap Links Lite
・Linkclump

管理人は、以前はOperaで「Snap Links」を使っていました。(Liteではない)
ちなみにOperaで「Snap Links」を使っていた時には、通常の範囲選択の動作(つまり、左クリックしたままドラッグをして指を離すだけ)でリンクを一括で開けるように設定していました。
Sleipnirでも同じように範囲選択するだけでリンクを一括に開けるようにしたいと思い、アドオンのオプション設定でいろいろ試してみましたが、テキストボックスへフォーカスが移らなくなるなどの不具合が出て上手く使いこなせなかったため、諦めました。
(フォーカスの設定を変更できるならぜひSnap Links Liteを使いたいのですが、調べてもよく分かりませんでした。)

現在はLinkclumpで、Ctrlをクリックしたままドラッグすると範囲選択内のリンクが一括で開けるようにしています。


SuperSearch
Sleipnirの便利な機能「SuperSearch」を使っても、リンクを一括で開くことができます。

SuperSearchは、デフォルトでは右ダブルクリックで開きます。
右上の「設定」を開き、SuperSearchの「アクション」を選択しておきます。
SuperSearch
この設定は、Sleipnirを再起動しても維持されます。


検索ボックスにアクションネーム「OpenSelectedLinks」と入力すると、「選択部分のリンクを開く」と表示されます。
(わざわざOpenSelectedLinksと入力しなくても「open link」などでも出てきます。管理人は「お」で変換するとOpenSelectedLinksと出るように単語登録しています。)
SuperSearch
この設定はSleipnirを閉じるまで維持されるので、一番最初にリンクを一括で開く時にだけ「OpenSelectedLinks」と入力する必要があります。

実際にリンクを開く際は、
①複数リンクをドラッグで範囲選択
②右ダブルクリックでSuperSearchを開く
③検索ボックスに「OpenSelectedLinks」と入力(初回のみ)
④「選択部分のリンクを開く」をダブルクリック
で複数リンクを一括で開けます。

2回目以降は①②④の動作でリンクを一括で開けます。

SuperSearchでリンクを一括で開くと、上の「範囲選択 Ctrl+G」の場合に起きていたエラーはなくなりました。

正直言って「範囲選択 Ctrl+G」の方が簡単なのでSuperSearchをわざわざ使う事は滅多にありません。
左手でスマホをいじってて右手だけで作業している時とか、冬に左手をコタツから出したくないな~なんていう物臭な時にだけ使う感じでしょうか…(-_-;)


SuperSearchって、使いこなせている方には「とても便利」な機能のようです。
SuperSearchで出来ることはとても多くて奥深いのですが、意外と「SuperSearchを使わなくても他の方法の方が簡単」ということも多いんですよね。
今回書いた「範囲選択 Ctrl+G」の方が簡単っていうのがいい例です。
そういう機能に埋もれて、便利な機能を取捨選択できないのかな?なんて思います。

関連記事

【PR】

 
サイト内検索
 
【PR】おすすめリンク

 
Find-A
家族旅行 おすすめ
 
お小遣い稼ぎカテゴリー
 
 
忍者AdMax
 
相互リンク・オススメリンク
 
【PR】
 
月間アーカイブ
 
 
アクセスアップ
*** 相互リンクサイト ***

相互リンク.com


*** オートリンクネット ***

 
【PR】

 
 



ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。